忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   
カテゴリー「2016年のサッカー記事」の記事一覧

久々のピカスタ、楽しさと危機感と… J2第37節カマタマーレ讃岐vsロアッソ熊本


9月3日の天皇杯の試合以来の、久々のピカスタ、そして香川県! 9月25日は行けたのですが、四国リーグを優先したので… ^^;
ともあれ、高速を走り、雨霧山の尾根を越えて、丸亀の街並みや讃岐富士が見えたら。カマタマーレ讃岐の観戦に来た! って実感します。
曇っていましたが幸いに雨は降らず。程よい気候であったと思います。

試合は一進一退の末、スコアレスドロー! 熊本のシュートがポストを叩くなど危うい場面もありましたが、讃岐もよく攻め、何度かチャンスはあったように思うんですが。
決定打に欠けてしまったのは否めません…。
勝つって、なかなか、難しいですね。

でもやっぱり、久々の生観戦は、楽しかったです。
スピーカーからよく聞こえていたチャントを身で聴いて、スタジアム観戦の楽しさを堪能させてもらいました。
試合前の藤岡友香さんの歌声もよかった (*^^*)

P1020356
P1020356 posted by (C)akagiyasuhiko

うどんも、インター降りてすぐの七や製麺と、丸亀の麺やをはしごして。口に入れると同時に、「うん、これこれこのコシ!」と舌鼓を打ち…。
高知にも讃岐うどんのお店はあるんですが、どっちかというともっちりとしてて、それもいいんですが、もっとコシがあってもいいかなとかなんとか ^^;

話を戻して…。さすがに今の時期になると、緊張感も高まり。窮鼠猫を噛むといった展開も見られます。
先週は我らが讃岐が北九州に。今週は、岡山が金沢に…。徳島も必死の戦いで千葉から勝利をもぎ取りました。

讃岐も昇格3年目。追う側から追われる側になってのサバイバルレースを戦わねばなりません。
リスクはありますが、讃岐もやってやれないことはないと思うので。次節の町田戦では、意地を、木島徹也選手の恩返し弾を見せてほしいなあ~、と強く願わずにはいられません。

勝ったら嬉しいし、負けたら悔しい。その前に、闘魂があるかどうか。
その闘魂を見せてほしいです。
自分に欠けているものだから←
讃岐の選手に託したいのです、はい。 ^^;

P1020370
P1020370 posted by (C)akagiyasuhiko

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

高知、2016シーズンを終えて…

今日から愛媛県で全国社会人サッカー大会、通称「全社」が開催されます。
全国から愛媛県に地域リーグの強豪が集って、熾烈なトーナメントを戦うことになります。
この大会で3位以内に入れば、JFL昇格を懸けた地域チャンピオンズリーグへの出場権が得られるので。昇格を狙うクラブにとっては外せない戦いです。

高知から、高知ユナイテッドとKUFC南国の高知のツートップが参戦していました。
高知ユナイテッドにとっては四国リーグ優勝ができなかったので、この全社でなんとしても勝ち抜きたいところでしたが。惜しくも緒戦敗退という、残念な結果になり。
KUFC南国も緒戦で敗れてしまい。
両クラブの2016年シーズンは終了しました。

自分は観戦に行けなかったのですが、ツイッターで結果を見て。
思わず天を仰いでしまいました。 ^^;

ユナイテッドの相手は中国リーグの強豪、三菱水島FC。岡山県の三菱自動車工場の社員クラブ。
ユナイテッドのツイッター実況を見れば、先制をしながらも逆転され、壮絶な点の取り合いであったことがうかがえます。

KUFC南国の相手は、かつてのカマタマーレ讃岐の監督で車椅子の闘将、羽中田さん率いる東京23FC。
前半こそ互角でしたが、後半に入ってから押されて2点取られてしまったようです。

去年から地域リーグも見るようになり、トップクラスになるとJ2/3と遜色ないレベル。高知県単位でも面白い試合が展開されて、観戦していて非常に楽しかったとともに、驚いたものでした。
また地決こと地域リーグ決勝(今年から地域チャンピオンズリーグに改名)も何度か高知で開催され、讃岐も試合していて。
前の記事でも書きましたが、サッカー不毛の地と言われていたのはデマだったのかと本気で思ったものでした。

昇格を目指しながらも何度も地決で弾かれているクラブもあることを思えば、気が遠くなりそうですが…。
去年今年と四国リーグを見てきて。去年も今年も残念な結果でしたが、レベルアップは確かにしているように感じられ、昇格が現実味を帯びてきて、中身のない夢や理想ではないことを見せてもらいました。

来年の昇格を掴み取るために、足りないものを得られるかどうか。
もちろん自分も、自販機でジュースを買うなど、できる限りの支援をさせてもらいます。
難しいでしょうが、挑戦を続けてほしいと願うばかりです。

…と書くとなんだか変な悲壮感が漂ってしまいますが。なんだかんだで、やっぱり楽しいですからね。J1とJ2以外のカテゴリーが対象の「#コミュサカ」界隈に入り浸るのもまた楽しくて ^^;
なんだかもう、はまっちゃってますねえ。

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

拍手[0回]

Are you happy? YES!!

気が付けばサッカー観戦をするようになって3シーズン目。自分は高知の人間ではありますが…。



一時香川県でくらしていたことから讃岐のJ2昇格が気になって、それから入れ替え戦で心を奪われ。



観戦初年度は讃岐の昇格初年度。以前のことは知りません。それがとてももったいなく感じます。
翌年から、四国リーグも観戦し、地元高知のクラブを応援していますが。観戦二年目からであることに、地元高知の関係者の方には、申し訳ない気持ちもあります ^^;
どういわけかビッグネームが四国に殴り込みをし。なんだかやけに熱を帯びた試合が繰り広げられました。

なにより、四国でもサッカーがとても楽しめることが分かったのは、とても衝撃的なことでした。いえ誇張でもなんでもなく、不毛とか言われていたのは実はデマだったのかと思うほど。

語れば長くなるあれやこれやはありますが。ここではそれは控えて。
サッカー観戦をするようになって、幸せか? と問われれば。
胸を張って、YES!! と答えられます。

そういったことを言うのは照れくさくもありますが。
試合を見るのが楽しいというのももちろんありますし。試合会場の熱気も大好きですし。
サッカー界隈の人たちも素敵な(そして面白い)人が多いですし。
それら様々な要素のおかげで、サッカーを楽しめています。

今の時期はあれこれ心配事もありますが。
応援したいと思うクラブがあり、試合が開催されているだけでも、幸せなことなんだなあと。このごろ災害が多かったりするせいか、そう考えるようになりました。

今年も残りわずか、最終戦の後を楽しみに、残りの試合を楽しみたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

拍手[0回]

言葉もなく… J2第36節 ギラヴァンツ北九州vsカマタマーレ讃岐

自分はオンデマンド観戦でしたが…。
アウェー観戦の皆さま、お疲れさまでした。 m(_ _)m
皆さまの声援は、スピーカーからよく聞こえていました。
あとなぜか? 釜揚げの看板が見えたりしてましたね(笑)。

ともあれ。

なんとかして這い上がろうとする北九州の気迫、原選手のハットトリックに、圧倒されるばかり。
それ以上に、自分は言葉はありません。(泣)
残念な結果でしたが。悪い雰囲気に飲まれず、最後まで戦いきってほしいと願うばかりです。

閑話休題

最近、HiGH & LOW の鬼邪高校(おやこうこう)編の予告を見るのがマイブームです。

一旦見てしまうと、なぜか癖になってしまって ^^; 

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

拍手[0回]

クラシコ! 土讃かく戦えり J2第35節 徳島ヴォルティスvsカマタマーレ讃岐 四国リーグ第13節再試合 高知USCvsFC今治



残念ながら8日と9日は仕事で観戦に行けませんでして。
徳島と讃岐の東四国クラシコ、仕事が終わってからオンデマンドで観戦しました。
結果から言えば、惜しい~、ほんとうに惜しい~スコアレスドローでした。

山雅戦で悔しい負け方をして、さあ徳島とどう戦うのかと気になっていましたが。
一進一退の白熱した試合、讃岐サポーターさんたちのチャントもスピーカーからよく聞こえて。
この中に入れなかったことが、ほんとうに悔やまれました。

讃岐は攻められれば攻められるほど、清水選手をはじめとする鉄壁の守備っぷりを見せていましたが、今回は逆に徳島がそれをし。
攻めれば攻めるほどGKの長谷川選手の見せ場を作るという展開でした。

いやもう、ほんとうに好セーブを見せ。敵ながら天晴! と唸らずにはいられませんでした。
それだけ見ていて白熱した試合展開でした。
徳島側とすれば、悔しい引き分けでしたでしょうが…。

讃岐側からしても、悔しい引き分け。
まさに痛み分けでした。
が、幸いにも天候も落ち着いていたようで。

オンデマンドで見ててもほんとうにおもしろかったので。
実際に観戦できた方がうらやましくて仕方なかったです ^^;
来年はポカスタで観戦できたらいいなあ。

幸いにして順位は19位のまま。さて、以後も順位を下げずに残留できるかどうか。
スリリングな秋が今年もやってまいりました。
でもそのスリリングさが、なんだかたまらないんですよねえ(Mかよ!)。

そして翌9日。
9月18日に雷雨でお流れになった四国リーグ第13節のやり直しの試合が行われました。
この試合も観戦に行けなかったのですが、試合が終わった頃合いを見計らってツイッターを覗いたら…。あれ、と一瞬見間違えてしまったと思ってしまいました。
公式アカウントの実況ツイートがトゥギャッターでまとめられていました。なんと、高知ユナイテッドが有利に試合を進めていたようです。
四国リーグ優勝こそ今治に決まっていますが、リーグ最後の試合で高知ユナイテッドが意地を見せて勝利をもぎ取りました。
何というか、ようやく勝てた。という感じです。
もちろんゴールではないので、手放しで喜んではいけませんが。FC今治はこういう人たちが後ろにいますからねえ ^^; 地方からJ入りを目指す純粋な地域クラブには荷が重い相手ですよ。
でも、だからこそ高知は必死になって、それが向上につながったと思いたいです。
高知はサッカー不毛の地とか言われてたのに、なぜか大物オーナーの一番のライバルになるというのも、面白くかつ不思議な巡り合わせでもあります。

自分が言うのはあまりにも僭越ですが、強さは強いライバルと戦うことでしか身につかないと思うので。
岡田氏が今治に来たのは、とてもよかったことだと思います。盛り上がりもしましたし。天皇杯では讃岐との試合がBS放送されましたし。

なにより、高知と今治のライバル関係は、AC長野パルセイロと松本山雅のようなクラシコとして成立していると言ってもいいと思ったりします。
将来は、愛媛と徳島も交えて、四国5クラブでダービーを展開してくれたら、夢も広がるってもんです。
ぜひとも、頑張って昇格をしてほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

拍手[0回]


Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]