忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある Yasu なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   
カテゴリー「未選択」の記事一覧

このブログについて

先日の24,25,26日と、大風邪に見舞われて38.9度の熱と喉の腫れに悩まされ、のたうち回っておりました…。

どうにか病院にゆき、処方してもらった薬を飲んで、幸いよく効いてくれて治りましたが。
久しぶりの大風邪はなかなか大変でした。
今は麻疹(はしか)も流行しているそうで、皆さまもどうかお体を大切に。

先日の福岡戦は仕事もあったのですがそれは幸い昼までに終えられて、DAZNで観戦しましたが。体調にまだ不安もあったので、休めても行かずにDAZN観戦をしました。

試合は先制をしながらも後半きわどい時間帯に返されてドローになってしまいましたが。
3月31日の京都戦から5戦不敗。
選手の大幅入れ替えがあって当初苦戦しましたが、チームも仕上がってきて、とくにイタリアのカテナチオ(閂の意)をもじったカマナチオと言われるほどの堅い守備は健在。

堅守速攻スタイルは大衆受けをしないと言われていますが、逆に言えばいぶし銀の玄人好み。実際、2試合で50本もシュートを打たれながらわずか1失点ですごいと、ちょっと話題にもなりました。一方、地元高知の高知ユナイテッド。

四国リーグのトップを突っ走り、先日は生島の試合でアルヴェリオ高松と試合をし。ATに3点追加する猛攻を見せ快勝しました。
この日も体調に不安をおぼえ、観戦には行かずツイッターでのチェックでしたが。
いやはや、攻めますねえ ^^;

JFL昇格を目指して四国リーグのトップを突き進む高知ユナイテッドですが。
さて今年こそ念願の昇格がなるかどうか。いや、昇格してみせると、戦い抜き勝利を掴み取ることを信じて、地域CLを待ちたいと思います。

……さて、このブログですが。
個人的な事情ながら、今回の記事で最終回にさせてもらおうと思っています。
突然はじめて突然やめるのも身勝手な話ですが……。

自分は趣味ながら小説も書いていまして。その小説に専念しようと思うようになりました。
もともと書くことが好きでしたが、小説とサッカー観戦の感想を書くのはまた別のこと。小説と違う難しさや楽しさがあり、物書きとしても色々と勉強させてもらいました。

一時期は作家デビューを夢見たことがありましたが、夢はかなわず。
小説仲間の中には念願のデビューを果たし、苦戦しながら頑張っている人もいます。
そんな風に、小説仲間たちが頑張っているのを見て、アマチュアでも頑張ろうと思うようになりまして。

自分は、書くのは好きでも、空想を書くのが一番好きなんだなと、やっと気付いたというか何と言うか。

また、お馬鹿なことを書いて呆れさせたこともあると思いますが。それでも「拍手する」を押してくださったことは、大変感謝しています。
もちろんこれからもサッカー観戦は続け、讃岐と高知を応援させてもらいます。

このブログは、こんなブログでも資料としての価値はあると思いますので。削除せずに置いておき。アーカイブとしてご活用いただければ幸いです。

そして……。
このブログを読んでくださったすべての皆様に感謝の意を示して、この記事を締めさせてもらいたいと思います。

それでは、ありがとうございました!

拍手[14回]

PR

咸臨丸でゆく 咸臨丸がゆく=四国の三つの海をゆく

勝海舟が船長を、ジョン万次郎が通訳を務め、浦賀からサンフランシスコ港まで太平洋を横断した「咸臨丸」。
その名を冠した船が高知にやってくる!
高知新港を出港し、船上から桂浜、坂本龍馬記念館、龍馬像などを望むクルージングを、「志国高知 幕末維新博」第二幕の開幕を記念して運航します!

「咸臨丸でゆく 龍馬クルーズ」のサイト( http://bakumatsu-ishinhaku.com/page.html?id=21&=1517817467317 )から抜粋。
高知県は現在維新150年を記念して幕末維新博が開催されていますが、その一環として咸臨丸でのクルーズが予定されています。

この咸臨丸、そうです、香川県の方なら覚えておられると思います。
かつて瀬戸大橋の与島PAのフィッシャーマンズワーフにあり、瀬戸内海クルーズをしていた咸臨丸です。

咸臨丸は自分も乗ったことはなくて、たまに与島PAに立ち寄った時に眺めただけですが ^^;
高知に帰ってから、いつの間にかフィッシャーマンズワーフがなくなっていたのを知り。咸臨丸はどうしたかと思えば、淡路島に拠点を移して、鳴門海峡の渦潮クルーズをしていたんですね。

以前淡路島に行ったときに、咸臨丸を見ましたが。(ただ最近までそのことすら記憶違いしていた有様…)

P1000404
P1000404 posted by (C)yasu_dosan

当時は、「咸臨丸って。あの与島の咸臨丸?」と、咄嗟にわからず。そのまま通り過ぎて。
事情を知ったのは、そのあとでした。
他に咸臨丸2という船もあったそうですが(これは恥ずかしながら知りませんでした)、海外に売却されたそうです。

土佐沖クルーズに関しては、淡路島の拠点で運営会社のジョイポート南淡路と粘り強く交渉して、貸し出してもらえたとのことですが。
時代の荒波にもまれながらも、よくぞ残ったものだと。感慨も覚えます。
オリジナルの咸臨丸もかわいそうなことになってしまいましたからね。

この咸臨丸の存在意義は、はじめは塩飽の水夫を顕彰する意味も込められていました。
そして、咸臨丸は数奇な運命によって、与島・瀬戸大橋周辺と鳴門海峡と土佐沖との、四国の3つの海を航海することになります。

ともあれ、塩飽の水夫になったつもりで、金毘羅船船を。あるいは21日に乗って、翌日の東四国クラシコの勝利を祈って、カマタマサポとして金毘羅船船をうたうのも一興かもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[3回]

かまたまS

カマタマーレ讃岐の応援番組、かまたま。
試合では苦戦を強いられても、我が道を突き進むかまたま。
それは、幕末の時代、太平洋を越えてアメリカに渡った塩飽の水夫のように、サッカー界の広い海を、荒波を蹴って突き進む。

さりげにそのコンテンツ力を見せつけた讃岐の名物応援番組、かまたま。かつてスカパーではかまたまRとして放送されていました。
しかし、黒船DAZNの来航にともない、スカパーからユーチューブに移って時間を短縮して公開されていました。
それも面白かったのですが……。

今年よりスカパーに戻り、かまたまSとして復活しました。
気の強いプロスポーツ選手を相手に一歩も引かぬパーソナリティーの本多春奈さんは、皮肉でも冗談でもなく、本当に感服しています。

もう自分なんか、選手の前に出たら、畏敬の念をおぼえすぎて、緊張して石化してしまいます(大げさ)。
それはさておき。

昨夜からかまたまSがはじまったので、見てみたのですが。
やはり、かまたまでした。

まごうことなき、かまたまでした。

どこまで話してよいものか。
なんか漫画の話もしてたのですが、佐々木匠選手の「たくみ」という名前にかけて、夜の五色台に連れ出しそうな勢いでした(危ない)。
そういえば、かつて宇多津のマルナカスーパーセンターのゲーセンに、なぜか藤原とうふ店の86トレノがありましたね。
駐車場でドリフトをさせるアルバイトの求人がないか気になったものです←

香川時代は坂出市の西端の八幡町にいて、スーパーセンターによく買い物行ってたのも懐かしい思い出です。

余談ながら、スーパーセンター近くにそびえる聖通時山は同じヤンマガ連載のセンゴクの主人公仙石秀久が讃岐統治の拠点でいて。しかもなぜかお墓もあり。
なんだかヤンマガタウンの様相を呈しているように思えました。

……。と、聞かれてもいない話をしてしまいました、すいません。
要するに、面白かった、ということです。
県外にいて、カマタマーレ讃岐の情報に触れづらい身にはありがたいです。
これからも、面白い番組を見せてほしいですね。

↓讃岐関連のブログを読まれるならここ!
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

拍手[1回]

かまたまと黒船

今年に入ってから気になることがありました。
讃岐のユーチューブチャンネルで、かまたまが更新されない……。
まさか、経費節減で、番組をつくるのをやめてしまったのか? と心配になっていました。

ところが。ん???
スカパーで、復活!?
Sまでついて。ともあれ、スカパーに恨みはあらねど、試合中継を観るためにDAZNに乗り換えていました。

余談ながら、維新及び戊辰150年ということもあってか、DAZNは黒船と言われたのを逆手に取ったCMを流していますが。

鹿児島ユナイテッドはマンチェスター・ユナイテッドと試合をしモウリーニョをうならせ。
レノファ山口は黒船に乗り込もうとしたり。
若き高知ユナイテッドは、黒船を見て「わしもあんなでかい船に乗ってみたいのう」と、わくわくしてて……。
サガン鳥栖はアームストロング砲との異名を持つストライカーを獲得し。
カマタマーレ讃岐は金毘羅船船をうたいながら、咸臨丸で太平洋を渡り。
東京ヴェルディは新選組として京の治安維持に当たり。
水戸ホーリーホックは最後の将軍を輩出し…。

などなど……。
他に色々リアルに書くこともできないこともないのですが、あんまり調子に乗ったら怒られそうなので自粛してここまでにしておきます……。
と、まあ、あれこれ空想してしまったものでした。

さらに余談ながら、「幕末 暗殺!」(中央公論新社)という歴史小説アンソロジーとてもいいのでお勧めです。なんだかどんどんと話が変な方向に行き挙句本の宣伝までして……。
話を元に戻しましょう。

かまたま、かまたま、どうしよう、かまたまのために2980円か。しかしあのノリはなんだかクセになるんだよなあ~。
ええい! いけえ~!
と、思い切ってスカパーサッカーと契約しました。

それだけのことを書くのになんという遠回りな記事でしょう ^^;
書くのが好きとはいえ、我ながらなんと申しましょうか。
ともあれそういうことでございます。

初回放送は3月18日で少し先ですが、楽しみにしています。

拍手[7回]

久々の更新・・・

【お知らせ】
名前を、Yasu に変えました。
漢字4文字の、赤城康彦という名前は、趣味で書いている小説作者名としてのペンネームで、作品を展示しているところ(作品は 小説家になろう と エブリスタ で展示しています。小説を書いてることを言うのは、やはり気恥ずかしいですが…)だけで使って。
他ではただの Yasu(やす)と、気楽な感じでいこうかと

前回の更新は2月4日。19日も更新していません。書かないとなると、書かないものですね…。
ともあれ、開幕が待ち遠しい気持ちはもちろんあります。

余談ながら、話題の映画・バーフバリを観にゆこうと香川に行くつもりでした。高知では上映予定がないので…。しかし冬の寒さに阻まれて行けずじまいで…。もちろんうどんも食べるつもりでした。
それだけに、25日が待ち遠しい気持ちが変に強くなっています。真っ先にうどん屋さんに飛び込むつもりでいます。

バーフバリを映画館で観ることはできませんでしたが、讃岐新潟の開幕戦はピカスタで観られそうです。
ちなみに空海は高知でも上映されますが。どんな映画でしょうか…。

オープニングは美しい瀬戸内海の風景でBGMに瀬戸の花嫁。幾多もの試練を乗り越え。ラスト大団円は金毘羅船船の大合唱…。
ってそれはおめーが25日にしたいことだろ!

…失礼しました。
ともあれ。バーフバリ! バーフバリ! と王を讃えられなかった分、金毘羅船船をシュラシュシュシュ♪とうたって讃岐の勝利を祝いたいですね。

拍手[3回]


Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]