忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

撃ち合いの果てに…! 第24節 東京ヴェルディvs.カマタマーレ讃岐



昨日のヴェルディ戦は、あと一歩及ばずの痛み分けで無念な気持ちを禁じえません ^^;
点は取れるんですね。得点力は確かにあるんですが、いかんせん、守備が…。
守備といえばのエブソン選手の抜けた穴は、それだけ大きかったということでしょうか。

清水選手も焦りからからしくないミス(?)で失点してしまったのも、もったいなかったですし。
せっかくの得点力を生かすためにも、守備の立て直しが急務でしょうね。
…なんて自分でも気付くことは当人たちはとっくに気付いているでしょうが…。

でも、もうほんと、もったいなかった。
監督も坊主刈りにして、さっぱりした髪型なのはびっくりしました。
試合展開としては、ハラハラドキドキもので。

このハラハラドキドキこそ、観戦の醍醐味!
厳しいことを最初に書きましたが、やってやれないことはないと、見たかったものを見せてくれているので。

次こそこれを勝利につなげてほしいですね!

閑話休題
ヴェルディは日野市がホームタウンですが、そこは新選組ゆかりの地で。ヴェルディゴール裏では緑のだんだらに土方歳三の肖像画の幕がかけられていましたね。

前節では奇兵隊に襲来され、今節では新選組と撃ち合い…。と、書くと何の架空戦記だよ、みたいな。

山口戦の記事では、高松藩つながりで、安政の大獄を起こせ! とか書こうと思いましたが。さすがにそこまでやったら調子に乗りすぎと怒られそうですし、水戸との板挟みになりますしで、書くのやめましたが…。

それはさておき。その土方歳三とともに、函館まで一緒に戦い抜いた新選組隊士に蟻通勘吾(ありどおしかんご)という高松藩出身の人物がいます。
知る人ぞ知るのマニアックな人物ではありますが。

最近、香川県立ミュージアムで松平左近公が取り上げられていましたが、勘吾ももうちょっとでも人々に知られてもいいんじゃないかなあ、と。
や、余計なおせっかいでしょうが、そんなことをふとふと、と……。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR

罪を憎んで人を憎まず

世の中色々あって世間を騒がせていますが、自分は宇都宮徹壱さんのご意見に賛成し。
罪を憎んで人を憎まず、で行きたいと思います。

自分もほんと感情に飲まれやすいんですが、それゆえの失敗もいっぱいあり。
実感をもって、宇都宮徹壱さんの書かれることに賛成をするものであります。

拍手[1回]

雑話・懐かしいもの



香川県時代の懐かしいものが出てきました。
番の州ハピネスクリニック、ホワイト歯科、キリン堂、さかえドライ。

これらのカードのことはすっかり忘れていましたが、出てくると香川県・坂出市時代が思い出されて、懐かしいです。

大橋記念図書館にも通ってましたが、そのカードはどこに行ったのでしょうか? ^^;

ともあれ、
いずれも大変お世話になりました。
m(_ _)m


拍手[0回]

沈下橋@仁淀川

IMG_1085
IMG_1085 posted by (C)akagiyasuhiko

気晴らしに単車でぶらついたんですが。仁淀川の沈下橋の待避所に単車とめるのは、ちょっと足がすくみました。

IMG_1083
IMG_1083 posted by (C)akagiyasuhiko

何もないと思っていたふるさと。しかしよくよく目を凝らせば、色々あるのが見えてくる。

あると思えばあり、ないと思えばない。と、横山光輝先生の三国志の曹操も言ってましたね。

拍手[0回]

瀬戸の夕空の下で J2第23節 カマタマーレ讃岐vs.レノファ山口

P1000216
P1000216 posted by (C)akagiyasuhiko
丸亀陸上競技場=ピカスタのパノラマ写真。淡い夕空がきれいです。香川県に来て、瀬戸大橋記念公園や五色台で瀬戸内海の景色を眺めて、知らないうちに好きになってしまいましたが、このスタジアムも瀬戸の景色を楽しめるスポットのひとつです。

昨日は午前仕事で午後になってから出発しました。
善通寺インターを降りたのは午後4時をすぎてから。うどん屋さんが閉まっているのを見ると、香川に来たという感じがします。←

P1000197

P1000197 posted by (C)akagiyasuhiko
↑ピカスタのため池に巣をつくってる鳥さん

苦戦が続くカマタマーレ讃岐はホームにレノファ山口を迎えます。
第1レグではアウェー観戦に行けて。昨年の愛媛FCに続き、レノファ山口が2度目のダブル観戦できたクラブになりました。

残留争いをしているので、この日の試合はなんとしても勝ちたかったのですが…!

P1000213
P1000213 posted by (C)akagiyasuhiko
↑フラッグの向こうにクレーンが見えるとピカスタって感じがします。

前半、きれいにカウンターが決まり武田選手のダイビングヘッドがネットを揺らしたときは。
よっしゃー! と咄嗟にもろ手が上がり、この勢いに乗って…!
と、期待をしたのですが。

レノファは、
P1000210
P1000210 posted by (C)akagiyasuhiko
この言葉通りの必死の猛攻を仕掛けます。

自分は高知の人間なので、吉田松陰先生は盟友のイメージがありましたが。
人生の成り行きで香川県に縁があって、讃岐を応援する身。ライバルとして松陰先生の言葉を見聞きすることになるとは夢にも思わなかったことですし。不思議な感じがします。

P1000232
P1000232 posted by (C)akagiyasuhiko
↑ハーフタイム抽選会でのさぬぴー

なんかこう、幕末ネタを見ると何か感じるものを禁じ得ないのは、やはり高知の人間だなあとふとふと思いました。

来年も松陰先生や奇兵隊をライバルと思いながら観戦できたらいいのですが、果たしてどうなることやら。

昨日の試合も、逆転を許し、厳しい結果になってしまいました。

P1000234
P1000234 posted by (C)akagiyasuhiko
↑レノファの選手やサポさんたちと一緒に勝利を喜ぶレノ丸くん

自分は試合が終わってすぐにスタジアムに出たのですが、すぐには帰らずにしばらくぼーっとして気持ちを落ち着けていました。
昨日の試合で5連敗になってしまい。それを目の当たりにして、戸惑いを禁じえませんでした。

自分は内弁慶で打たれ弱いやつなんですが…、いやはや、なんとも頼りない。それこそ松陰先生に「あなたは土佐の男でしょう」とお叱りをいただきそうなというか(汗)

ともあれ、車を出したのが午後9時ごろで、丁度選手バスが出るのにでくわしましたが。
歩道では男の子が手を振り続けていました。
その姿がとても強く印象に残っています。

小さな子供がこうして懸命に応援しているのを見たら、大人の自分も「しっかりしなきゃ」と思わされます。

また、やはり瀬戸の夕空はきれいでした。
その夕空がきれいな香川県に根を張りたいと思ったこともありました(しみじみ)。
次のホーム戦も土曜で行けるかわかりませんが、行けたら行きたいと思います。誤魔化しの挨拶じゃなくて本当に。


↑サムネイルをクリックorタップすると昨日撮った他の写真見れます。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[0回]


Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]