忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   
カテゴリー「2017年のサッカー関連 & 観戦記事」の記事一覧

ただいま帰りました



この記事は忍者ブログアプリから書いてます。
サムネイルはなぜか縦にされます…。

天皇杯の試合観戦のためにニンスタ行っていました。
先制したけど逆転されてしまい残念でした。

今日はもう遅いので、詳しくは後日書かせてもらいます。

お疲れ様でした…。

拍手[2回]

PR

試練再来、か? J2第19節 大分トリニータvs.カマタマーレ讃岐



(一部書き直しました。)
現地組の皆さまお疲れさまでした。

金沢戦で久々に勝利し、その余韻にも浸った一週間が過ぎての大分戦。
大分は地理的にも手ごろで行ってみたいと思いつつも、予定が立たずに行けずじまいで…。

昔、九州にツーリング・ドライブに行ったとき戸次川古戦場跡に行ったのですが。その時に、ドームが見えて。
「大分にはこんなドームがあるんだ~」と眺めながら通り過ぎてしまったものでした。

当時はサッカー観てなかったのですが、まあもの知らずにもほどがあるというか。

話を元に戻して。

大分は一昨年なぜか不調に陥りついに降格して、昨年一年でJ2に復帰したわけですが。
1点目の鋭いシュートを見るに、一昨年とは変わっているなと思わされました。
当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、一時不調で降格するも、蓄えられた地力はあるんだと思ったものでした。

我らが讃岐は、先制されたのを挽回すべく逆襲の機会をうかがい。途中出場の木島徹也選手がついに同点ゴールで追いつくんですが。
あろうことかの、追いついてすぐの…2失点。

さすがに目が点 (・_・) になり、ぼーぜんとしてしまいました。
悲しいかな、今シーズンを象徴しているようなというか。

状況的には、試練の再来を予感させる結果になってしまいました。
トンネルを抜けたと思ったらまたトンネルが迫り。まるで高知自動車道みたい←

そんな自虐ネタはさておき。

まったく戦えてなかったかといえば、そんなことはなく。
他にも惜しい場面もありましたし、選手交代も効いていましたし。
あと一歩及ばずの惜敗でありました。

それは、まだ望みがあるということですし。
長いシーズンももうすぐ折り返しですが。まだチャンスは残されているので、戦い抜いてほしい――。
もうこれに尽きます。

中島大貴選手も下を向かずに上を向いて突っ走って汚名返上名誉挽回をしてほしいと強く願います!

自分の方でも弱気に飲まれず、しっかりしなきゃと言い聞かせながら応援するしかないと思う次第です。

次は21日に天皇杯の試合、ニンスタでの愛媛FC戦がありますね。
なぜか昨年につづき年3回になった北四国決戦ですが。

この日は行けそうなので、現地での観戦を楽しみにしています。


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

拍手[0回]

四国サッカーリーグ第7節について



6月11日は四国サッカーリーグ4試合が行われました。動画は高知ユナイテッド対光洋シーリングテクノのハイライト動画です。
試合に関するツイートをまとめられています。ぜひご覧ください。
徳島ヴォルティスとFC今治のトレーニングマッチも行われていたようで。とても賑やかだったようです。

https://www.goalnote.net/detail-standings.php?tid=9183

リーグの順位表は上のURLにあります。

8クラブで競い合う四国リーグ、第7節ということで前期日程が終了しました。
四国リーグにおいて1位の高知ユナイテッドが無双…、と言いたいですが。FC徳島セレステを相手にドローという結果なのは残念でした。

ただ全勝することで油断をしてしまうこともあったかもしれないので、少し厳しい言い方ですがドローを経験することでいい薬になったのではないかと。
強くなるためには強いライバルが必要だということでしょうね。

以前も書きましたが、強敵を倒して力士になる、という言葉を聞いたことがありますが。
サッカーを観戦するようになって、なんだか沁みる言葉です。
これからの後期の試合、後期はひとつも落とさずに全勝し、全国地域CLへと進んでほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

拍手[0回]

待ちに待った勝利… J2第18節 カマタマーレ讃岐vs.ツエーゲン金沢

P1000103
P1000103 posted by (C)akagiyasuhiko


四国も梅雨に入ったとみられ、空は曇り模様でした。高知は雨が降っていました。
行きは国道を車をころころ転がしたのですが、徳島県の途中から雨もやんできて、雲も北上するにつれて少し薄まったかんじでした。

ところで、高松藩初代藩主の妹君(つまり水戸藩の姫君)が加賀藩3代目藩主に嫁いでいたということで金沢市と高松市に交流があったのは恥ずかしながら初めて知りました。
歴史も好きなのでこういう話を聞けて得した気分でした。

話を元に戻して。

P1000093
P1000093 posted by (C)akagiyasuhiko

久しぶりの香川県、そしてピカスタでありましたが。
フフ…、この風、この肌触り、これぞスタジアムよ!
と誰かさんみたいなことを思わずつぶやいたのでした。

I want you!!
P1000117
P1000117 posted by (C)akagiyasuhiko

結果から言えば、やっと、やっと勝てました…!
金沢も奮戦し冷やりとした場面もありました。
シュートが決まった時のどよめきや快感を改めて知りました。

ただ決めた西選手は勢い余ってポストにぶつかって、痛そうにしてたのでこれも冷やりとさせられ。DJハイロさんもアナウンスのタイミングを遅らせてしまうというアクシデントもありました。

振り返ればこれもご愛嬌になりますが、痛さ半分嬉しさ半分のシュートでしたね。

そこから、土壇場で追いつかれないかと、気が気でなく。アディショナルタイムも5分と長く。
こんなこと言うのもあれですが、たいへん心臓に悪いものでした ^^;
が、戦術音痴な自分ですが、この試合はひとりひとりが仕事ができていたのでは、と。

いや、前々からできていたのですが、どうにも歯車が噛み合わず。
この試合でようやく嚙み合った、と言うべきでしょうか。
金比羅船船もようやく歌えて。歌いながら、「ああ、いい歌だなあ」と、浸らずにはいられませんでした。

この勝利で順位も20位に上がりました。
まだ長いシーズンですが、今週くらいは勝利の余韻に浸ってもよいでしょう。

思えば、直に勝利を見て、金比羅船船を歌ったのは、去年の夏のセレッソ戦以来でした。
去年の山形戦は高知の天皇杯、横浜FC戦は四国リーグ(FC今治対KUFC南国。この試合でFC今治が四国リーグ優勝を決める)の観戦を選び、今年の湘南戦は高知の天皇杯とで。

自分の都合ながら、ちょっとご無沙汰でしたね ^^; それだけに嬉しかったです。もうルンルン気分になるってものでした。

ともあれ、勝つっていいですね。
トンネルも、辛抱すれば抜けられるものですね(しみじみ)。
だから、やめられませんね。

フォト蔵に他の写真あります。にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[4回]

明日、観戦に行きます。そろそろ金比羅船船も…



この記事はスマホのアプリから書いてますが、写真がなぜか縦に…。

ともあれ、いま大変なことになってますが、トンネルからの脱出を信じて観戦に行かせてもらいます。

それと、やっぱり美味しい本場の讃岐うどんをいただきに。

拍手[4回]


Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]