忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   
カテゴリー「2017年のサッカー関連 & 観戦記事」の記事一覧

四国サッカーリーグ第9節について

四国サッカーリーグ第9節。春野球技場にて行われたKUFC南国対FC徳島セレステ、高知ユナイテッド対新商(にいしょう)クラブの試合を観戦しました。

P1000141
P1000141 posted by (C)akagiyasuhiko
↑ピッチに降りたスズメさん

第1試合は11:00KOのKUFC南国対FC徳島セレステ。
自分としては、南国が徳島に勝ってくれたら順位的に高知ユナイテッドが有利になるので南国を応援していました。

P1000142
P1000142 posted by (C)akagiyasuhiko
↑空には大きな雲が。夏です。暑いです。

徳島には元讃岐の天羽選手もいたりで、親しみを感じはしますが、大義親を滅すということで←

P1000148
P1000148 posted by (C)akagiyasuhiko

試合展開としては一進一退、がっぷり四つに組んだ互角の展開で。いつどこで均衡が破れるのか、それともこのままドローか?
というような感じでした。

P1000146
P1000146 posted by (C)akagiyasuhiko

しかし後半20分くらいの時に、徳島が先制!
南国も取り返そうと頑張りますが、これによって勢いづいた徳島は追加点を重ね。
0-3で勝利します。

P1000150
P1000150 posted by (C)akagiyasuhiko

考えてみれば、南国は大学サッカーの強豪・高知大学ベースとはいえ、純粋な地域クラブ。対する徳島は昇格を狙い元Jリーガーも擁するガチクラブ。
練習環境の違いや、気温の高い夏日でのペース配分など配慮できる経験豊かなベテランもいる徳島に軍配が上がったのは、順当な結果ともいえます。

とはいえ、それでも第2節では勝っているので、南国はよく頑張っていると思います。
高知Uも油断せずに第2レグを戦ってほしいと思います。

そして第2試合、13:30KOの高知ユナイテッド対新商クラブの試合。
ゲーム開始序盤、高知は早い段階で2点を決めます。
この勢いに乗り、追加点を重ねたいところですが、新商は意地を見せて守りを固め追加点が決められません。

P1000151
P1000151 posted by (C)akagiyasuhiko

そのまま後半にも入って、6分。
高知のコーナーキックで選手同士の接触があり、新商クラブの選手が倒れたまま動けないというアクシデントが起こります。

P1000157
P1000157 posted by (C)akagiyasuhiko

緊張が走ります。
タンカが運ばれますが、何かダメだというような仕草をして。そのままの位置で、なんと救急車が呼ばれます。

救急車が来るまでの間、保冷剤をもってきて体を冷やし安静にします。
しかし、救急車が来て選手をストレッチャーに乗せたと思ったら、救急車には乗せず。なんとドクターヘリが呼ばれたとのこと。
なんでも頸椎損傷の恐れがあるためということでした…。

ドクターヘリ
ドクターヘリ posted by (C)akagiyasuhiko

しかも春野球技場に着陸するという事です。
周囲に驚きが広がります。
そして、風圧がすごいということで、ピッチ脇の看板が倒されます。

そして、ようやくドクターヘリが来ました。ものすごい音で、思わず圧倒されましたが。なぜかなかなか着地しません。
どうやら看板は倒すだけではだめで、念のために奥のベンチまで持っていってほしいということで、看板をベンチまで運びます。

そこでようやく着地。
とにかく音に圧倒されます。確かに風圧もありました。強いというより、一直線に当たり続ける風圧にも圧倒されました。

ドクターヘリのスタッフの人たちは、手際よく選手をヘリに乗せて、飛び上がってゆきました。
皆心配そうにヘリを見送ります。
しかし、サッカー場にヘリが着地するのを見るなんて、夢にも思わないことでしたし。近くでヘリの離着陸を見るのも初めての事でした。

それから看板を元に戻し、少しウォーミングアップの時間をもうけて、試合は再開されます。
そこから、高知ユナイテッドの猛攻。

P1000158
P1000158 posted by (C)akagiyasuhiko

新商クラブも前に出てチャンスを創出しますが、及ばず。
高知Uは追加点を重ねて、終わってみれば10-0の圧勝でした。

自分は…、夏日に2試合観戦したことで身体がどうにも暑く。
試合後のタッチののち、早めに撤収させてもらい。車に乗り、エアコンが効いてきて、文明の時代に生まれたことに大変感謝したものでした。

で、はなまるうどんに寄り冷たい醤油うどんをいただいて、ほっとひと息つけましたが。高知Uのシャツを着てたので、なんだかヴァーチャルアウェー感を感じてしまったのでした。
高知ユナイテッドにはぜひとも頑張ってもらって、いつの日か、ピカスタへ”アウェー観戦”させてほしいですね。

新商クラブの選手はご無事で、ほっとひと息でした。http://blog.livedoor.jp/kochi_usc_fun/archives/7/2...
↑高知ユナイテッドSC応援ブログさんの第9節の記事に行けます。こちらもぜひお読みください。

http://photozou.jp/photo/tagged/1611359/%…
↑フォト蔵に他の写真あります。

https://www.goalnote.net/detail-schedule.php?tid=9183
↑リーグの日程・結果へ行けます。第9節更新されています。

https://www.goalnote.net/detail-standings.php?tid=9183
↑順位表です。

他の2試合では、リャーマス高知は光洋シーリングテクノに3-4で勝ち。
多度津と高松の香川ダービーは多度津が勝利しています。

順位では、徳島と南国の試合は2位争いでもあったのですが、徳島が勝利したことで3位・南国と勝ち点で6点差をつけ、2位の座はほぼ安泰でしょうか?

1位と2位は勝ち点で3点差は変わらず。
3位以下を見れば大差がないので、以後の試合で順位の変動があるかもしれません。

そして、高知ユナイテッドには、残りの試合を全勝して地域CLへ進んでほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

試練の嵐の中の誕生と希望の光 J2第21節 カマタマーレ讃岐vs.V・ファーレン長崎

仕事柄車でうろうろすることが多いのですが、お昼下がりによく聞くメロディーがあります。
ジャーパネットジャパネット、夢のジャパネットタカタ♪
そうです、車でうろうろする仕事柄ほぼ毎日ラジオで、V・ファーレン長崎のメインスポンサーのジャパネットタカタの通販番組を耳にしています。

そのジャパネットタカタは明るい話題をサッカー界にもたらしたのはまだ記憶に新しいところ。
こんな社長と会社なかなかありません。
まさに夢のあるお話です。

しかし、試合となれば話は別。
讃岐から勝ち点を大量仕入れ&お買い得価格にてご提供はさせないぜ!
と、いきごんではみたものの…。

このごろ、試合のことを語るのは辛いですが ^^;
最初冷やりとした場面もありましたが、がっぷり四つに組んだ互角の戦いで。
いつ、どこで均衡が破れるのかわからない展開でした。

しかし、後半。
蟻の一穴というか、針の穴のような小さな穴のような隙を突かれてセットプレーから得点されてしまいましたね。

そこからせめて1点でも返してドローに持ち込んでほしかったんですが、時間は無常に過ぎて、長いホイッスル……。
DAZNで観戦してたんですが、画面を見ながら思わず涙が滲んでしまいました ^^;

なかなか、きついです。
21戦してわずか2勝は、最も少ない勝利数です。
ただ順位は20位のまま動かなかったのが不幸中の幸いというべきか。

讃岐は本当に辛い試練に襲われてしまいましたね。
その中で、昨年長崎にいたヨンジ選手と長崎サポさんたちとの間で暖かい触れ合いがありました。

V・ファーレン長崎は昨年天皇杯で地元の高知ユナイテッドと試合し、歴史的経緯から自然と龍馬ダービーという言葉ができて、親しみを覚えてましたが。
こういうやり取りを見ると、ほっとしますね。

解説の高知ユナイテッドのスーパーバイザーの西村さんも、これが日本のサッカーのいいところと言っていましたが。自分も賛成です。

そして、忘れてはいけないあの子!讃岐のマスコット、さぬぴー誕生ー!

今の讃岐の状況を思えば、試練の嵐の中で生まれたわけでもありますが。ファンタジーなんかだと、主人公として活躍するフラグじゃないでしょうか?
ともあれ、試練の嵐に負けず、笑顔の花を咲かせてほしいですね。

そして、この記事を書く前に讃岐のサイトを覗いてみれば…。

http://www.kamatamare.jp/news/2017/07/vs-80.html
↑ファジアーノ岡山とのトレーニングマッチの結果について

TMながら1-0で勝っています。まだまだ、希望の光は灯っているようです。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[1回]

四国サッカーリーグ第8節について

http://blog.livedoor.jp/kochi_usc_fun/archives/...
↑高知ユナイテッドSC応援ブログさんの第8節についての記事へ行けます

6月25日は四国サッカーリーグ第8節の4試合が行われました。
全8クラブなので、この第8節からシーズン後期に入ります。
四国リーグの大本命、高知ユナイテッドは因縁の多度津との対決。

因縁の、というのは。前身のアイゴッソ時代に一昨年はアウェーで、去年はホームで、ドローという結果だったことに由来します。
やはりうどん県のクラブはコシが強い!&骨付鳥もジューシー!(調子に乗るな)

この試合の日、仕事が入り現地観戦はできませんでしたが…。
動画を見ると、高知Uはよく攻め難しいシュートを決め、初めて多度津にダブルで勝利していますが。

多度津も得点のチャンスをつくり、ただではやられない、手強いところを見せました。

同じ土讃対決のリャーマス高知とアルヴェリオ高松の試合(春野)は1-1のドロー。

他では、FC徳島セレステは同じ徳島勢の光洋シーリングテクノとの試合で9-0と圧勝して。
大学サッカーの強豪・高知大学ベースのKUFC南国は新商クラブに4-1とこれも勝利して。
高知ユナイテッドにとって、第2レグの試合は油断ならぬ展開が予想されます。

https://www.goalnote.net/detail-standings.php?tid=9183
↑四国リーグの順位表へ行けます。

高知ユナイテッドが2位の徳島セレステと3ポイント差をつけ1位ですが、第1レグでの引き分けがなければと、後になって悔やまれます。
第2節でKUFC南国が徳島セレステに勝っているので、それに助けられている格好です。

次の第9節では、FC徳島セレステとKUFC南国が春野で試合します(11時KO)。この対戦は注目カードといってもいいでしょう。

でもやっぱり、熱戦大歓迎です、はい ^^;
そのうえで勝ってくれたら、もっと大歓迎です、はい。

ともあれ、サッカーのみならずスポーツの試合は何があるのかわからないもの。
簡単に無双できると思わずに全力で試合して後期全勝し、勢いに乗って全国地域CLへ進んでほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[0回]

覚悟を決めて判官贔屓。J2第20節 水戸ホーリーホックvs.カマタマーレ讃岐



現地組の皆さま、お疲れさまでした。

馬場選手のヘッドが決まった! と思ってましたが、仲間選手のロングシュートだったんですね。
でも、魂のシュートでしたね!

それだけに、水戸戦は悔しい負け試合になってしまいました。
同点に追いつかれ、ついに逆転をされてしまい。
先週の水曜日にニンスタで観たことの再現になってしまいました。

噛み合わない歯車は、どこまでも噛み合わず。
言葉もなく。讃岐のために自分がしてあげられることは、讃岐のために泣くくらいしかありません…。

話は変わりますが。

判官贔屓(ほうがんびいき)という言葉がありますね。
判官とは、源義経の官名で。兄頼朝に追い込まれたことへの同情からできた言葉で、日本人の心情を表す言葉であるとも言われています。

讃岐は屋島の戦いで義経と縁のある地域。
那須与一もイメージキャラになっていますね。

一時期、勢いのある時期もありましたが、今は…。
なんだか源義経みたいな歩みとも言えなくもないようなというかなんと言うか。

苦戦する讃岐を応援するのは、判官贔屓と言えると言えば言えますが、その判官贔屓というのも、なかなか大変なことでもありますね。^^;
選手たちを見るのが辛いです。

それでも、弁慶になって応援しつづけるしかないと思ったものでした。
まあ自分が弁慶気取ったところで内弁慶になってしまうのがオチですが。←

そういえば、讃岐には静御前の伝説もあるんですね。もっといえば、引田には清少納言の伝説もあると…。

失礼、話がそびれそうになりました…。
ともあれ、へたれなんで厳しいことを言えないのはずるいとも思いますが ^^;

何度も繰り返しますが、最後まで戦い抜く姿を見せてほしいと思わずにはいられません。
7月1日の長崎戦は行けそうにないので、DAZNで観戦します。

…あ、新しいかまたまの動画アップされていたんですね。
今宵はこれを見て、ゆっくりしましょうか…。


足のお守り…。まさか、権平庵の…?

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[0回]

水曜日の黄昏 天皇杯2回戦 愛媛FCvs.カマタマーレ讃岐

P1000126
P1000126 posted by (C)akagiyasuhiko

6月21日、幸い午後の休みが取れ。ニンスタへ観戦に行けました。

美川の軍艦岩
美川の軍艦岩 posted by (C)akagiyasuhiko

前日に天気が荒れてまるで嵐のようでしたが、21日は幸いに好天に恵まれました。
行きは国道33号経由で、さすがに山の区間は雨かなと思ったのでしたが、道中も多少の風はあってもおおむね晴天で、ドライブも楽しめました。

途中県境のところでお猿さんを見たのはすこし驚きました。

さすがに平日の試合ということで、人も少なめでした…。出店もなく。陽も傾き。ちょっと寂しさも感じました。しかし、逆に言えばどこかのどかな雰囲気もありました。

IMG_1006
IMG_1006 posted by (C)akagiyasuhiko

それでも香川県からおよそ100名ほど(個人的な勘です)のサポーターさんたちが来ていたのは、びっくりしました。
平日開催ということで、もっと少ないかなと思っていたので…。

そして試合がはじまれば、やはり熱くなるというもの。

展開としては、押され気味の印象。我慢の試合運びでした。
時々機会を得て前に進み出るのですが、なかなか押し切れずに、押し戻されます。

自分としては、香川県時代は坂出市で暮らしてたので、坂出市出身の福家選手を特に応援してましたが。
頑張って走っていましたが、それでもなかなか力が発揮できなかったようなのが、残念でした。

また次の機会に頑張ってほしいですね。

そんな感じで前半は終わり、後半に入ります。

P1000136
P1000136 posted by (C)akagiyasuhiko
↑ハーフタイム中に写した夜景。スタジアムは小高い山の上にあって、そこから夜景が見えるのも不思議な感じです。

やはり押され気味でしたが、辛抱の甲斐あってコーナーキックの機会を得て。これを見事に生かして森川選手が決めてくれました。

森川選手は一昨年の天皇杯でも決勝点を挙げているので、讃岐の天皇杯男になる、でしょうか?
もちろんリーグ戦での得点も期待しています。

得点をしてから、流れが変わり讃岐が押し気味になります。
願わくばこのまま逃げ切るか、追加点を決めて勝ってほしかった。帰りの時間もやはり気になってたので、90分で決着をつけてほしかったのですが…!

逆に辛抱する側になった愛媛はよく辛抱し、一瞬の隙を突いて讃岐の守りを突破し同点に追いつき。
さらに追加点を決めて逆転に成功します。

勝利を強く願っていた身にとっては、思わず崩れ落ちるような展開になってしまいました。
帰りの時間が遅くなってもいいので、延長やPKで勝ってほしかったのですが。点に変動なく無情にも試合は90分で終わってしまいました。

なんというか、追うより逃げるが難しいというか。

この試合を自分なりに一言で表現すれば、突破でしょうか。
一瞬の隙を突いての反撃から、得点・逆転までの流れはまさに突破という印象でした。

お互いいつもと違う編成で、途中からベストメンバーに入れ替えるなど勝利を狙ったのでしたが。
なかなかに、愛媛は一日の長があってか、手強かったものでした。

試合後、選手たちの悔しい顔がとても印象に残りました。
天皇杯でも、愛媛に勝てるかもしれないと期待しただけにどうにも悔しさを禁じえず。なーんで同じ四国のクラブに勝てんのやろ…、じょんならんわ…。
などと、似非ながら讃岐弁が出る始末。

IMG_1011
IMG_1011 posted by (C)akagiyasuhiko

それでも、懸命にコールするサポーターさんたちの中で自分も一緒にコールをさせてもらいまいて。
こう言うのは照れくさいですが、この時は敗れた悔しさと同時に、ほのかな幸福感もありました(引いたらすいません…)。

サッカー観戦をするようになって、初めての平日の観戦。それに加えてリーグ戦と違い天皇杯はのどかな感じで、さらにアウェーのニンジニアスタジアム。
いつもと違う非日常にいるような感じがとてもよかったです。

IMG_1013
IMG_1013 posted by (C)akagiyasuhiko

勝てばもっとよかったですが。こればかりは仕方ないですね。

http://photozou.jp/photo/tagged/1611359/20170621%BB%A3%B1%C6

↑21日に写した写真は上のURLから見られます。

大変な状況の中、しんどいでしょうが。気持ちを切り替えてリーグ戦を戦い抜いてほしい、最後まで戦い抜く姿を見せてほしいと、強く願わずにはいられません。

↓カマタマーレ讃岐に関する様々なブログあります!
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

拍手[2回]


Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]