忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

Fリーグ観戦 シュライカー大阪vs.名古屋オーシャンズ @春野運動公園体育館大アリーナ

昨日はフットサルのFリーグの観戦に行ってました。高知でFリーグが開催されるのは初めての記念すべき一戦です。
昨日の次に、シュライカー大阪とデウソン神戸の試合が同じ春野で7日の午後3時キックオフで開催されます。

フットサルの試合を観戦するのは初めてでしたが、会場入りするとサポーターさんたちの太鼓や楽器の音がリズムを刻むのが聴こえ、ワクワク感を覚えます。

そして、春野の体育館大アリーナに入るのも初めてでした。この日は1200人ほど来ていましたが。それでも空席があったので 2000人くらいは入れるのかな。こんなに広かったとは知りませんでした。
正月休みが明けてすぐの、平日の夜。開催地は地方都市の高知だったことを思えば、入った方かな?Fリーグは現在26節まで開催されてますが、昨日の試合は第7節の代替え試合でした。
リーグの1位と2位の試合ということで、僅差の試合を予想したのですが。
首位シュライカー大阪は猛攻を重ねて得点も重ねて…。力の差を見せつけます。

フットサルはサッカーとは違うというのは、頭ではわかっていましたが、実際に見るとほんとに違います。
ピッチやゴールの広さはもちろん、選手交代が自由なんですね。選手が出たり入ったりというのを見るのは、初めての身にはとても不思議なものを覚えたのでした。
さらに、後半もっとおどろいたことは、フィールド選手がキーパーシャツを着て5人総がかりで攻撃することでした。
そういう大胆なことができるのも、フットサルなんですね。

オーシャンズは大差をつけられて、それを取り返そうと総がかりで攻めます。しかしシュライカーのなんと堅守なことか。キーパーもよくセーブする。
スタジアムDJも、試合中でも煽る煽る。観戦しているちびっ子集団にマイクを向けて「シュライカー大阪!」の大合唱をさせ、もろシュライカーホームの雰囲気をつくってゆきます。終盤でオーシャンズも意地を見せて得点をしましたが、シュライカーが最後まで強さを見せつける試合結果でした。
って言うか、試合中もDJが煽ってシュライカーのホーム感を強くして。それでもオーシャンズの選手やサポーターさんたちはめげずに必死に食らいついて。
Jリーグでは見られない景色を、Fリーグで見られて。
驚きもしましたが、新鮮味も感じました。人気ゆるキャラのしんじょう君も来てて愛嬌を振りまき。1000人を超す人たちが試合を楽しみ。正月休み明けのお祭りみたいな感じで、楽しく観戦できました。
昨日は仕事が終わってから直で観戦に行きましたが。土曜日はどうにも抜けられないので、昨日行けてよかったです。
また機会があったら、観戦したいですね。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]