忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

覚悟を決めて判官贔屓。J2第20節 水戸ホーリーホックvs.カマタマーレ讃岐



現地組の皆さま、お疲れさまでした。

馬場選手のヘッドが決まった! と思ってましたが、仲間選手のロングシュートだったんですね。
でも、魂のシュートでしたね!

それだけに、水戸戦は悔しい負け試合になってしまいました。
同点に追いつかれ、ついに逆転をされてしまい。
先週の水曜日にニンスタで観たことの再現になってしまいました。

噛み合わない歯車は、どこまでも噛み合わず。
言葉もなく。讃岐のために自分がしてあげられることは、讃岐のために泣くくらいしかありません…。

話は変わりますが。

判官贔屓(ほうがんびいき)という言葉がありますね。
判官とは、源義経の官名で。兄頼朝に追い込まれたことへの同情からできた言葉で、日本人の心情を表す言葉であるとも言われています。

讃岐は屋島の戦いで義経と縁のある地域。
那須与一もイメージキャラになっていますね。

一時期、勢いのある時期もありましたが、今は…。
なんだか源義経みたいな歩みとも言えなくもないようなというかなんと言うか。

苦戦する讃岐を応援するのは、判官贔屓と言えると言えば言えますが、その判官贔屓というのも、なかなか大変なことでもありますね。^^;
選手たちを見るのが辛いです。

それでも、弁慶になって応援しつづけるしかないと思ったものでした。
まあ自分が弁慶気取ったところで内弁慶になってしまうのがオチですが。←

そういえば、讃岐には静御前の伝説もあるんですね。もっといえば、引田には清少納言の伝説もあると…。

失礼、話がそびれそうになりました…。
ともあれ、へたれなんで厳しいことを言えないのはずるいとも思いますが ^^;

何度も繰り返しますが、最後まで戦い抜く姿を見せてほしいと思わずにはいられません。
7月1日の長崎戦は行けそうにないので、DAZNで観戦します。

…あ、新しいかまたまの動画アップされていたんですね。
今宵はこれを見て、ゆっくりしましょうか…。


足のお守り…。まさか、権平庵の…?

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]