忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

土佐のサッカー、動く。


動画・四国リーグ第14節、アイゴッソ高知vs高知Uトラスター

今年の四国サッカーリーグは愛媛県のクラブで岡田武史さんがオーナーを務めるFC今治と、高知県のアイゴッソ高知高知Uトラスターの2クラブの、3強が激突する三つ巴の戦いでした。
3クラブともに、Jリーグ入りを目指しています。
その高知の2つのクラブが、将来の事業統合を見据え、まず育成部門を統合することが発表されました。

高知県は大きな産業がなく、経済的にも厳しく、Jクラブが2つも成立するのか? という問題はありました。が、それは両クラブとも考えていたことなのでしょう。

例えば、坂本龍馬を前面に押し出し、本土から資本を募るというやり方もありますが。まずは足元から固めなければ、張子の虎ならぬ坂本龍馬になってしまいますからね…。残念ながら、高知県はそれほど厳しいのです。

現実は、他の3県より厳しいかもしれません。どんなに頑張っても、J3までが限界かもしれません。
しかし、みんなが力を出しあい、支え合い、全国区に挑む、というのは。
ロマンがあります(くさい言い方ですが…)。

あくまでも個人的な考えなのですが、高知県は「どうせ田舎さ」と自分自身に見切りをつけていたように思います。
しかし「それではいけない、小さなことからでも、こつこつと変えてゆこう」という雰囲気が見えるようになりました。
Jリーグへの挑戦も、その一環として、特にアイゴッソ高知は広報活動に力を入れていました。

自分としては、カマタマーレ讃岐との、土讃決戦を楽しみにしたいところですが。さて、その願いは達成されるでしょうか…。

…で、もし完全に事業が統合された際には、クラブ名は何になるのでしょうか?
これからの動きを、注視したいと思います。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]