忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

勝利の女神いずこにか。J2第15節 カマタマーレ讃岐vs.ザスパクサツ群馬

IMG_0927
IMG_0927 posted by (C)akagiyasuhiko

群馬戦は久しぶりのA席での観戦でした。
昔、2003年か4年の年末の天皇杯の試合をここらへんで観たのですが。それを思い出して懐かしくもありました。

P1000079
P1000079 posted by (C)akagiyasuhiko

讃岐富士こと飯野山や丸亀城にゴールドタワー、そして瀬戸大橋と……。
A席の二階はなかなか見晴らしがいいですね。

P1000074
P1000074 posted by (C)akagiyasuhiko

今の讃岐は、群馬がかかげていたこののような横断幕の状態になっています…。
パルスの万騎長ダリューン…、もとい原選手が先制したときは、これはいけるかもしれないと期待をしたのですが、したのです、が……!

1点を返され、さらに逆転されて。そこから巻き返すこともできず。
なんとも残念な結果になってしまいました。

まさに、讃岐は群馬の温泉の熱いお湯で茹で殺しにされてしまいました……。
試合に関しては自分が言えることはないです。

厳しい。ほんとうに厳しい。厳しい試練です。
これは自分に言い聞かせるのですが…。
長いサポーター人生の中で、こういうこともあるということでしょう。

それこそ、サポーターになるってことは、ファンタジー小説のような冒険に身を投じることではないかと。
原選手=ダリューンの元ネタのファンタジー小説「アルスラーン戦記」も、大惨敗から始まりの、苦難の戦いの連続で、ダリューンも苦戦を強いられましたし。

サポーターになるということは、そんな、勝利の女神を求める冒険の旅であると、ふとふと思ったものでした。

それと同時に、小説のセリフのようなものを思い浮かべたので…。

誰かA「この船は、冒険の旅に出る。この船は、いつでも乗り降り自由だ。そんな船に残るのは、伊達者や酔狂者ばかりだ」
誰かB「伊達者や酔狂者とはひどい」
誰かC「だが、違いないな」
誰かD「そりゃあ、船に乗ってりゃ、ひでえ船酔いもするさ。だがなあ、乗ってなきゃ見えねえものってのがあるんだ。一回でもそれを見たら、もう降りられねえ。だからおれは、ひでえ船酔いをこらえながら、この船に乗ってんのさ」

自分は都合によりしばらく観戦に行けませんが(次は6月11日の金沢戦か)。
金毘羅の船が勝利の女神の住まう島を見つけられることを、願わずにはいられません。

群馬戦の他の写真はフォト蔵にアップしています。 ←クリックorタップしてください。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ
にほんブログ村

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]