忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

バトル・オブ・九州 J3第2節鹿児島ユナイテッドvs大分トリニータ


Jリーグオンデマンドで大分トリニータと鹿児島ユナイテッドの試合を観ることができたので、気になって観たのですが。
大分のホームジャックには驚かされました ^^; アウェイ席完売だったんではないかと思わされるほど。
なにせJリーグを観るようになってやっと3年目に入る新参者なんで……。大分トリニータのすごさをわかっていなかったです(ごめんなさい!)。
昨年は苦戦を重ね、ついに降格し。ネガティブなこともネットで見たりして、どうなるんだろうと思っていましたが。しっかりと昇格争いにからんできそうですね。

対する鹿児島ユナイテッドはJFLから昇格したチーム。
エンブレム見て思うんですが、これ絶対島津の丸に十字の家紋をもとにしている。サイトの「クラブについて」には書かれていませんが、やはり、ぱっと見丸に十字に見えます。思わず、
「すわ! 釣り野伏せか!」
と思ってしまいますよ。高知生まれで香川に縁のある身には、戸次川合戦のことが ^^;

司馬遼太郎先生の「夏草の賦」という小説での戸次川合戦のところで、島津の武将が死を覚悟し昂ぶる長曾我部信親らを見て「ものども死ねや」と叫ぶシーンがあるんですが、そのイメージ通りだったなあ、と。
エンブレムがエンブレムなんで余計に。

……、話しがそれてしまいましたが。
大分トリニータはやはり一日の長があるだけあって、試合を終始リードしているように見えましたが、対する鹿児島ユナイテッドは関ヶ原の捨てがまりもかくやとばかりに最後まで走り抜き、薩摩隼人のサッカーを先輩格の大分に見せられた試合ではなかったかと。
そんな鹿児島ユナイテッドがJ3でどのように戦うのか。

また、セカンドレグは10月2日、大分での試合。この時期に入るころ、両チームはどのように変わっているのか。
とても気になります。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]