忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

サッカーを書くのは難しい

このブログを始めて、記事としてサッカーの感想を書くようになり。ブログ村を通じ、自分でも思った以上の方に読んでもらえて、嬉しくも驚いてもいます。

今まで書いてて思ったのは、サッカーを書くのは難しいということです。
なにせサッカーのプレー経験は子供のころに学校の体育の授業で少ししただけ。
ですがサッカーの観戦自体は好きで。
テレビでは代表の試合を。生観戦は、春野でちょこちょこと開催されていたのを、香川県時代は年末丸亀で開催されていた天皇杯の試合を観戦したことがあります。

が、特定のクラブに愛着を持つということはありませんでした。

カマタマーレ讃岐がJ2に昇格して、香川県に住んでいたこともあり、「ほうほう、どんなことになるのかな?」と興味を持ち、入れ替え戦で心を奪われ、初めて特定のクラブを応援するようになりました。

ともあれ。
もともと書くことは好きで、それ以上に空想が好きで、ネットの隅っこで小説を書いていました。

サッカーを観戦するようになって、書くことが好きな性格ゆえか、自分なりに観戦の感想を書きたくなって、このブログで書くようになったのですが。

記憶って結構いい加減なもので、さっき見たはずのものを忘れていたり勘違いしていたり(自分だけかな?)、また見当違いなことを書いちゃったかなと不安になったりと。

小説は、どうのこうの言っても作り話なので、開き直ればなんだって書けます。
しかし、サッカーは多くの人々の目の前で起こった事実です。
その事実を表現するのは、意外に難しい。

いらん空想や妄想はいくらでも書けるのに。
感想文となると、「面白かった」「つまらなかった」しか浮かばない不便な出来の脳味噌でして…。
そもそもいまだにサッカーの知識は少なく。

書くことが好きなので、それもまた楽しみでもあるのですが。
いざ書いてみると、難しいんだなあ~、ということを痛感しっぱなしです。

さらに小説とスポーツとの違いといいますか。
スポーツライターの書いたものを興味本位とお手本がほしいのとで読むのですが。
負けるべくして負けたと、厳しいことも書かれていることもあり。
気の弱い自分には、気が引けてとても書けません(汗)。

小説ではけっこうえげつないものも書いたことがあるのですが、あくまでも作り話だから書けるというやつで。
悪意がないとはいえ、実在する人に対し厳しいことを書くのは、どうにも気が引けてしまいます。
こんなことでは、スポーツライターには逆立ちしてもなれませんね。
それだけに、スポーツライターをやっている人はほんとに尊敬します。

ともあれ。
自分に不向きかもしれない、けれども、それを表現したい。
それだけで書いています。
サッカー、ひいてはスポーツには、それだけの魅力があることを改めて感じるようになりました。

そしてこれからも、自分なりに感じたことを書けたらと思います。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]