忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

王国との戦い J2第8節 清水エスパルスvsカマタマーレ讃岐

王国との戦いとは、なにやらファンタジー小説のようなタイトルですが。
さすが清水エスパルスはサッカー王国と称される静岡県清水市のクラブだけあると、試合を観て思いました。

今日は四国リーグ第3節の試合もあり、自分はKUFC南国と多度津クラブの試合を観戦しました。KUFC南国は高知大学サッカー部が母体のクラブで開幕3連勝。話題のFC今治と同勝ち点で、得失点差で2位につけています。
四国リーグの順位はこちら → http://www.fcimabari.com/team/game/index.html
さて、今年も3強状態になりそうですが、最後に笑うのは…? 注目したいところです。

試合が終わり、家にかえってからJリーグオンデマンドで試合を観たのですが。
雨の中、圧倒的人数差があるにもかかわらず、讃岐サポさんたちの応援のチャントが聞こえたのはマジでびっくりしました。試合後、リポーターの方もそのことをツイッターで書かれています。

雨の中、開始早々に仲間選手が得点し、それから大前選手、チョン・テセ兄貴(なんだかこの人は兄貴と言いたくなる風格がある)に得点され…。
「ありゃ、鹿島戦と同じパターンになるかな~」と思ったのですが。#13木島選手の同点追い付きゴールが決まり。あの時の讃岐とは違うというところを、見せてもらった試合だったのではと。

しかしなにより、清水サポーターの声援はやはりすごかったですね。完全に清水ムードで。画面越しにも、王国であるという雰囲気がひしひしと伝わってきて。
まさに王国との戦いというにふさわしいものでした。
それだけに、讃岐の健闘が光り、見ごたえのある試合でもありました。

さて次は宿命のライバル愛媛戦!
そろそろオレンジに勝ってもいいころなんじゃないの!? と、勝利を強く願わずにはいられません。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]