忍者ブログ

土讃サッカー戦記

土讃とは土佐(土)と讃岐(讃)の二地域を表す言葉。 高知県民ながら2003年~2010年まで香川県在住経験のある赤城康彦なる者が、サッカー観戦(主にカマタマーレ讃岐と高知ユナイテッド)や創作活動などについて綴る趣味系ブログです。 (このブログは予告なく書き直されることがあります。ご了承ください ^^; )

   

J2J3入れ替え戦および昇格PO



昨年カマタマーレ讃岐のいちファンとして入れ替え戦を観戦した身としては、他人事ではない入れ替え戦 ^^;
Jリーグオンデマンドでスマホ観戦してたのですが、やはり入れ替え戦は息が詰まる緊張感がありますね。
カマタマーレ讃岐のJ2昇格をきっかけにJリーグを観るようになってから、なんだかいろんなチームに親しみを覚えてしまっていて。入れ替え戦もどっちを応援するというのではなく、サッカーが好きだからというだけでもなく、なんというか、勝負を見届けるという気持ちもけっこう大きかったです。

言葉は悪いですが、天国と地獄が一緒に開かれるのがダイレクトに見れるというか、いやもうほんと変な言い方ですが。
町田ゼルビアは勢いがあり、大分トリニータ善戦するも力及ばず……。
宿命の対決となった昨年のAC長野パルセイロ戦も、もしかしたら……、との気持ちがよぎってしまうくらい勢いがありましたし。
おととしはそのカマタマーレ讃岐がまさにそうでしたし。(この当時はまだJリーグ観てなかったのですが、YTの動画を観てました)

勝負というものは、ほんとうに厳しいものです。でも、その厳しさの向こうに何かが見えるような気がするから、スポーツ観戦ってやめられないんですよね。



入れ替え戦に続いて観戦したアビスパ福岡とセレッソ大阪の昇格POの試合。
セレッソ大阪といえば、4月の試合でフォルランに試合がはじまった途端に決められさらに2点追加で決められ。昨年のブラジルW杯のブラジルサポーター状態でした ^^;
でもこの試合は大阪からたくさんのサポーターの方が来られて、とても賑やかで、負けた試合にもかかわらず、心に残る試合でもありました。

この試合では、3位は上がれないというジンクスをアビスパ福岡が打ち破りました。こういっては失礼ですが、やはり昇格POとなると入れ替え戦に比べて動きの切れが違うように見えますね。
特に福岡は8連勝でシーズンを終えてつかんだPOでしたが、やはりそこでつけた勢いが勝っていたような気がします。

セレッソ大阪は残念でしたが、また来年丸亀を賑わしてくれると思うと、四国のサッカーファンとしては嬉しい気もしたりします。(すいません!)

今年のJリーグの日程はすべて終了しました。まだ天皇杯がありますが……、終わってみればあっという間という感じはなく、なんだか長い冒険が終わったような気がします。
それだけ、濃かったということなのでしょう。
また来年も、この濃さを堪能できたら、と思います。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

Copyright ©  -- 土讃サッカー戦記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]